転職の求人情報で急募だと採用されやすい?

かなり昔の話なのですが、私が初めて転職活動をしていた時、2社連続で不採用になって自信喪失となり、失業保険の支給期間も終わりが近づいてきていて焦っていた時期がありました。

その時に思ったこと、それは急募の求人情報だったら採用されやすいかも?ということでした。

早速、ハローワークや求人情報誌で急募の案件を探したのですが、どう考えても私には勤まるわけのないとび職とか、介護の仕事しかなくて断念。今思うと、自分でもやれそうな仕事で急募の案件がなくて良かったと思うわけですが。

おそらくは、急募の方が採用されやすいと思われます。実際に会社に入って採用関係の仕事をするとわかりますが、どうしても人に来てほしい時には急募で出すことはあるし、多少のことには目をつぶってでも採用とすることはあります。

ただ、だからといってそんな理由で入社を決めるというのもどうなのかなと思うわけです。それくらいの動機で決めた会社でどれだけやりがいを持って真剣に働けるのでしょうか。結果的に良い方向にいくこともあるでしょうけれど、それほど確率は高くないような気がします。

急募とかそういったことで決めるよりも、効率的な転職活動の仕方を考えた方が遥かに良い転職活動ができると思います。