転職支援ナビ

転職に必要な履歴書の書き方、面接の仕方などについてまとめました

*

中途採用に有利な月

      2018/04/11

1年を通じて求人案件が多い月と少ない月があります。

それぞれそれなりの理由があって増減するわけですが、その中でも求人数が比較的多い月についてまとめてみました。

ボーナス支給後の退職によるもの

ボーナス支給月の後が転職活動に最も適した時期だと一般的に言われています。

ボーナスを支給されてから退職するという人がいることがその理由ですが、そもそも退職者が出てから求人募集をするような後手に回る会社も多くはないはずなので、ボーナス支給月よりも前に採用の活動はしていると見た方がよいでしょう。

ですから、ボーナス支給月は7月、12月というところが多いでしょうから、遅くてもその1ヶ月前くらいからは中東採用に有利な月と言えるかもしれません。

とはいえ、求人数が比較的多い月というだけで、あなたにとって良い案件が多くある月という訳ではないので、常に最新の求人情報が入ってくる環境づくりはしておいた方が良いのは言うまでもありません。

春先の求人数の増加原因

また、5月もいわゆる5月病で退職者が出るその隙間に入り込めるチャンスと言われることがありますが、4月に入って5月に退職するような人であればさほど穴は大きくなく、緊急的に募集をするというのはどれくらいなのかと疑問を感じることもあります。

とはいえ、未知数の新人よりも経験のある中途採用者を起用するようシフトチェンジする可能性もあるため、思いがけないような大企業の求人が見つかることもあるようです。

準備をして情報収集に努めるのが第一

一般的に求人数が増加する月はあるものの、希望するような条件の案件がいつ出てくるかはわかりません。ですから結局は、良い求人案件があった時にいかに準備をしているかという点が大切になるものと思います。求人案件を見つけられる情報量を持っているか、自分の希望する条件や分野が明確になっているかなど、転職活動に際しての準備が大切です。

そうした時に、転職サイトを用いて求人情報を得られる体制づくり、コンサルタントのサポートを受けて自分のビジョンなどを明確にしておくことで、良い案件が出てきたときの行動が適切に行えるようになるでしょう。中途採用に有利な月はもしかすると、自分の準備次第で変わってくるのかもしれませんね。

 - 転職 時期 ,