転職 面接

転職 面接 質問

何事も基礎が大切ですが、私が思う転職時の面接試験による質問の受け答えの基本は、どれくらい自分を知っているか、そしてその会社や業界を調べているかだと思っています。

転職での面接試験なんて、聞かれうることなんてたくさんあります。そのすべてを事前に対策するなんてことは不可能です。ですが、しっかりと自分のことを真剣に考えていわゆる自分の棚卸をしていたり、事前調査をしていると、どんな質問が来ても、それほど慌てる必要はないと思います。

結局は、事前に対策できるような質問に対する答えよりも、こうした質問の答えを面接官は重要視する傾向にあると思うわけで、そこで好印象を与えられる答えができるためには基本を固めておくことが大切ではないでしょうか。

色んな質問の事例集を読むことは悪いことではありませんが、こうした対策をするよりももっと大切なことがあることを知っておくと、良い準備ができると思います。

続きを読む

転職 面接 聞かれること

転職の面接でよく聞かれることとして、以下のようなものが挙げられます。

①仕事観、人間性、考え方
②職歴、経験により身に付けたスキル
③転職理由(退職の理由と志望動機)
④キャリアプラン
⑤諸条件

 

主にこうした事項があるというだけですので、面接試験は他にも色んなことを聞かれる可能性はあります。ただ、基本としては自分自身の棚卸をしておくこと、転職希望先の会社や業界について調べておくことは、面接試験において重要となります。

 

ただ、面接官側としては、こうした事前対策できそうな質問だけでなく、求職者が想定していないような質問をすることはよくある話です。こうした質問によって求職者の本音を探ろうとするわけです。そうした質問に備えるためにも、面接における基本がとても重要となってきます。基本がしっかりしていると応用も可能というわけですね。

続きを読む

転職 面接

転職活動における面接は、最終関門であることがほとんどです。

 

これを無事通過すれば晴れて採用が決まるでしょう。そのためにも事前に入念な準備を行っておく必要があります。

 

いまだに「何を聞かれるかわからないから対策のしようがない」とか「その時に聞かれたことについて真剣に答えれば良い」なんて思っている人がいるようですが、そんなことでは競争率の高い面接試験には受からないでしょう。

 

面接に臨むためには知っておかなくてはいけないことはいくつもあります。「本当にこの会社に入りたいのだろうか?」「この会社で何をするために希望したのだろうか?」と面接官に思わせることにないような準備をして臨んでもらいたいところです。

 

面接試験についても、転職支援サービスでは事前の対策を行ってくれるところがあるので、そうしたサービスを利用して万全の態勢で臨むと良いと思います。それくらいしても、予期せぬ質問が来ることは良くある話です。そういった場合でも、練習によって基本姿勢ができていればきっと適切な答えができるはずです。

 

こんなことを考えると、事前の準備なしに面接に臨むなんて怖くて仕方がありませんよね。

続きを読む