転職 求人情報

転職の求人情報で急募だと採用されやすい?

かなり昔の話なのですが、私が初めて転職活動をしていた時、2社連続で不採用になって自信喪失となり、失業保険の支給期間も終わりが近づいてきていて焦っていた時期がありました。

その時に思ったこと、それは急募の求人情報だったら採用されやすいかも?ということでした。

早速、ハローワークや求人情報誌で急募の案件を探したのですが、どう考えても私には勤まるわけのないとび職とか、介護の仕事しかなくて断念。今思うと、自分でもやれそうな仕事で急募の案件がなくて良かったと思うわけですが。

おそらくは、急募の方が採用されやすいと思われます。実際に会社に入って採用関係の仕事をするとわかりますが、どうしても人に来てほしい時には急募で出すことはあるし、多少のことには目をつぶってでも採用とすることはあります。

ただ、だからといってそんな理由で入社を決めるというのもどうなのかなと思うわけです。それくらいの動機で決めた会社でどれだけやりがいを持って真剣に働けるのでしょうか。結果的に良い方向にいくこともあるでしょうけれど、それほど確率は高くないような気がします。

急募とかそういったことで決めるよりも、効率的な転職活動の仕方を考えた方が遥かに良い転職活動ができると思います。

続きを読む

転職 求人情報

転職を成功に導きためには様々な情報が必要ですが、中でもとりわけ大切なのが求人情報をいかに集めることができるかということです。

一般的な転職活動では、求人情報を集める手段として、求人雑誌、ハローワークなどの公的機関、求職関連のイベント、新聞の求人欄などによって求人情報を探すことになると思いますが、これだけでは全体の数割くらいしか手に入れることができないのが実情です。最近は企業側が求める人材を獲得するために、人材系の専門業者を利用するところが増えてきており、求人広告を出して広く募るというよりは、自社の求める人物像(スキルや経験など)を予め提示し、求人募集と取捨選択を依頼して、その中で自社による採用試験を行うようになってきています。

ですから、求人雑誌やハローワークにはこうしたサービスを利用しない企業くらいしか求人案件はなく、全体の数割程度しか情報を集められないという現象が生じています。

つまり、数多くの求人情報を得るためにも、この人材系の企業が抱える求人案件情報を仕入れるようにする必要があるわけです。そのためにすべきことは簡単で、各社が提供しているサービスに登録をするだけでOKです。登録すると各社が抱える求人案件の閲覧や、転職に関するノウハウの提供などのサービスを受けることができます。しかもこうしたサービスを全て無料で利用できるというのですから利用しない手はありませんね。

各社が抱える求人案件はそれぞれ異なっていますので、できるだけ多くのサービスに登録しておくというのも転職を成功に導くコツの一つであると言えるでしょう。

続きを読む

転職 求人情報 札幌

11pporo職業安定所公表有効求人倍率(平成26年)
札幌:0.98
北海道:0.86

全国では1.00ですので、札幌に限って言えば全国水準並みの有効求人倍率ですが、北海道で見ると0.86とかなり厳しい数字となっています。ただし、これは一般+パートターマーの数値ですので、正社員に絞るともっと数値は下がるものと予想されます。

このような厳しい状況の中で、札幌を含めた北海道で正社員として就職(転職)したい人は一般的な就職・転職活動では苦戦することは当然です。

アルキタNaviなどの求人誌、ジョブカフェやハローワークなどの機関で求人情報を探しているだけでは、はっきりいって情報不足です。ライバルはもっと便利なサービスでたくさんの求人情報を見つけていることでしょう。
情報化時代において、転職支援サービスを利用しない転職活動ではかなり不利な戦いとなってしまいます。

■転職支援サービス

無料で使えるサービスで、一般には出回ることにない非公開求人情報(←大手企業が比較的多いのが特徴)が手に入ります。その他、転職活動や採用試験に臨む際の知識などについてのアドバイスを貰えるのは、特に就職・転職活動の初心者にとっては心強いサービスであると言えるでしょう。

DODA

ハタラクティブ

JAC

続きを読む