転職フェア

私の転職フェア

「私の転職フェア」という名称の転職フェアが各地で開催されていますが、これを主宰しているのはリクナビグループです。

 

リクナビといえば、人材系大手のリクルートが運営している転職サイトだけに、扱っている求人案件はかなり多いです。(非公開求人も多いので、このサイト利用者の6割強は年収アップの転職を成功させているそうです)

 

わざわざ適職フェアへ足を運んで、たくさんの人がいる中で企業の人の話を聞いたり(待ち時間が長いです…)するよりも、リクナビに登録して求人情報を探したりキャリアコンサルタントに相談した方が、時間もお金も節約できると思います。

 

自分の目で広い会場の中を探し回って自分に最適と思われる企業を探すとか、企業に勤めている人の話を聞きたいというのであれば”私の転職フェア”は有効だとは思いますけど、それでも事前にリクナビに登録して情報を仕入れてから出かける方が有益な時間にできる確率は高まると思います。

 


※非公開求人を見られるだけでも登録する価値は十分にあります。

続きを読む

DODA 転職フェア 札幌 企業

DODA(デューダ)が開催する札幌の転職フェアに参加している企業はどんなところがあるのでしょうか。

DODAの公式サイトを見ると、やはり非公開求人を多く扱っているだけあって有名どころの企業が揃っていますね。


ただ、転職フェアにこれだけ多くの有名企業が揃うかと言えば、正直答えはNOでしょう。非公開求人は、できるだけDODAのような転職サイト側で求人者の情報をまとめ、それをもって採用の検討をある程度するので、転職フェアのようにたくさん人が集まるようなところへ参加してPRすることはあまりないはずです。

 

求職者側としては、転職フェアに参加するだけでは情報量としては不十分で、転職サイトにも登録しつつ転職フェアにも足を運ぶという方法が最も情報を仕入れることができるのでオススメです。基本的には転職サイトに登録することでカバーできるわけですが、フェアのように企業側の担当者に直接会って話を聞く機会はなかなか貴重な場であると思います。

続きを読む

適職フェア

一昔前は、新卒の学生や第二新卒者が対象の就活フェアが主流でしたが、転職希望者を対象とした適職フェアのようなものも目立ってきたような印象を受けます。

 

自分はどんな仕事がしたいのか?

 

こう悩む若者が増えていることももしかすると原因の一つかもしれません。

 

どんな仕事が向いているか?

頭の中で考えても見つからないものは見つかりません。世の中にどんな仕事があるか多くを知らない経験で考えても、狭い範囲の中に答えがある人はそうそういないように思います。

 

ですから、自分の適職について疑問があればこうした適職フェアに参加してみるのも良い手段だと思います。ここでも出会いが自分の潜在的な「やりたいこと」が見つかるきっかけになる可能性は十分にあります。

 

また、こうした機会は適職フェアだけでなく、転職支援サービスでも提供されます。あなたの仕事観などをアドバイザーとの面談の中で話すうちに、アドバイザーの豊富な経験かヒントを導いてくれることもあります。適職フェアで求めることが自宅での登録で得られる可能性があるわけで、チャンスはどんなところに転がっているかわからないということを身をもって経験するかもしれません。

続きを読む