適職フェア

一昔前は、新卒の学生や第二新卒者が対象の就活フェアが主流でしたが、転職希望者を対象とした適職フェアのようなものも目立ってきたような印象を受けます。

 

自分はどんな仕事がしたいのか?

 

こう悩む若者が増えていることももしかすると原因の一つかもしれません。

 

どんな仕事が向いているか?

頭の中で考えても見つからないものは見つかりません。世の中にどんな仕事があるか多くを知らない経験で考えても、狭い範囲の中に答えがある人はそうそういないように思います。

 

ですから、自分の適職について疑問があればこうした適職フェアに参加してみるのも良い手段だと思います。ここでも出会いが自分の潜在的な「やりたいこと」が見つかるきっかけになる可能性は十分にあります。

 

また、こうした機会は適職フェアだけでなく、転職支援サービスでも提供されます。あなたの仕事観などをアドバイザーとの面談の中で話すうちに、アドバイザーの豊富な経験かヒントを導いてくれることもあります。適職フェアで求めることが自宅での登録で得られる可能性があるわけで、チャンスはどんなところに転がっているかわからないということを身をもって経験するかもしれません。